Products

Discover nanopore sequencing

What can it do? How does it work? Our platform performance and accuracy

Explore products

Prepare Sequence Analyse
Applications
Store Resources Support About
Back

ナノポアシークエンスとEPI2METMワーク フローによる迅速なプラスミド解析.

Literature

Date: 9th November 2022

新規タンパク質を合成しようとする研究者の根幹となる能力は、対象タンパク質をコードする遺伝子と、 発現や遺伝的特徴を制御して任意の選択圧をかける補助的要素を含むプラスミドを構築する能力です。 プラスミド構築により精巧な制御が可能になりますが、実験を成功させるにはすべての機能が存在し、 正確であることを確認することがきわめて重要です。

ナノポアシークエンスではインハウスで完全長プラスミドの高精度で柔軟かつ安定した解析を数時間で実施 できます。これにより構築したプラスミドを評価のために外部へ送付する必要がなくなります。1 回の実験で 完全なシークエンスデータを取得することにより、複数の技術を用いて構築したプラスミドの正確性を確認 する必要もなくなります。

ダウンロードはこちら

Recommended for you