Products

Discover nanopore sequencing

What can it do? How does it work? Our platform performance and accuracy

Explore products

Prepare Sequence Analyse
Applications
Store Resources Support About
Back

Pore-Cにより植物ゲノムアセンブリを改善

Literature

Date: 5th November 2022

植物の進化、育種、保護に関する研究には、高品質の植物ゲノムシークエンスがきわめて重要です。 しかし、植物ゲノムは大きく、反復性が高いため、従来の技術ではゲノムアセンブリが困難でした。

Pore-C は、Chromatin Conformation Capture(3C)とナノポアシークエンスのロングリード を組み合わせたエンドツーエンドワークフローで、コンタクト情報を取得することで、 既存のアセンブリをスキャホールドして高い連続性を得ることができます。従来の 3C 法 で検出できるのは通常、2 つの遺伝子座間のペアワイズ相互作用に限られますが、 Pore-C では複数の遺伝子座からさらに高次のコンタクト情報が得られます。この 方法は増幅フリーであるため、GC リッチ領域や反復ゲノム領域にアクセスすること が可能です。また、ナノポアのロングリードではエピジェネティック修飾が保存 され、塩基配列と共にその特性を解析することができます。ハイスループット の PromethIONTM Flow Cell と組み合わせることにより、連続性の高い染色体 規模での植物ゲノムアセンブリが可能となります。

ダウンロードはこちら

Recommended for you