Products

Discover nanopore sequencing

What can it do? How does it work? Our platform performance and accuracy

Explore products

Prepare Sequence Analyse
Applications
Store Resources Support About
Back

Oxford Nanopore社の技術を用いてヒトゲノム のメチル化を調査.

Literature

Date: 1st August 2023

エピジェネティクスは、塩基配列を変化させることなく表現型を変化させる 化学的修飾を検討するもので、ますます盛んになっている研究分野です。ヒ トのエピジェネティック修飾の研究(DNA、RNA、ヒストンタンパク質の修 飾を含む)は、発生生物学1 から、がん2 や神経障害3 などの疾患のクリニカル リサーチに至る多様な分野で重要な役割を果たしています。

哺乳類ゲノム、なかでもヒトを対象に最も広く検討され、最もよく性状が把 握されているエピジェネティック修飾が5-メチルシトシン(5mC)のDNAメ チル化(シトシンヌクレオチドへのメチル基の付加)です。メチル化は遺伝 子発現の調節に重要な役割を担っており、遺伝子プロモーターのメチル化異 常は疾患と関連することが分かっています。

ダウンロードはこちら

Recommended for you